ブログブログ

<小児歯科>一周回って後回しなうさぎ

こんにちは!
一日が過ぎていくスピードがやたらと速く感じる今日この頃。何もやれない、、、すみません、何もや“ら”ないうちに「おやすみなさい」な日々、、、(´・ω・`)
やらない言い訳を封じる魔法があるらしいので、皆さんにもお教えします!! それは「3・2・1・GO!」と心の中でカウントダウンして、即行動すればOK。人間は何かをやる時に5秒以上考えてしまうと、後回しにしちゃおっかなぁ~という考えが逆に浮かんできてしまうんだそう。なるほど、確かに!

 

子どもの虫歯の特徴は

そして、後回しにしてはいけないのが「子どもの虫歯 」。
「どうせ乳歯は生え変わるし虫歯になっても放っておいていいのでは?」なんて考えてませんか? それはダメ、絶対!な考えですよ(#゚Д゚)
それはなぜか、、、

1.乳歯は永久歯に比べて虫歯の進行が速い
2.早期発見、早期治療なら通院期間が短くなる
3.虫歯のまま放っておくと生え変わる永久歯にも悪影響

特に3は、歯並びも悪くしてしまうので、お子さんの将来を考えたら、、、後回しなんてできませんよね!(。-`ω´-)

 

子どもの虫歯の原因は

ところで、子どもの虫歯の原因は3つあります。

1. 家族からうつる
生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌はいません。スプーンやコップを家族と共有したり、かわいい♪とお口にキスしているうちに虫歯菌が感染してしまうんです。
2.糖分が多めのものばかり選びがち
おやつに甘い物やジュースばかりだと、糖分をエサに活動する虫歯菌の思うツボ!です。
3.食べ方(時間)に問題あり
必要以上に食事に時間をかける“ダラダラ食べ”は要注意。お口の中に食べ物が長い時間とどまっている状態も虫歯菌の思うツボ!!なんです。

 

虫歯予防に「仕上げ磨き」が大切です

虫歯菌が感染しそうな日常習慣のほか、食事時間や食事内容などについても見直すことで、お子さんの虫歯予防につながりますよ。
そして、絶対外せないのは毎食後の歯磨き! でもお子さんひとりではまだまだ上手に磨けませんから、保護者の方が最後に「仕上げ磨き」をしっかりやってあげてくださいね。毎食は難しい場合は、夜の寝る前の歯磨きだけでもしっかりばっちりお願いします(`・ω・´)ゞ

 

歯医者さんへ行くという習慣づくりもおすすめ

子どもの虫歯は後回しにしてはいけないというお話でした(*´艸`*)
お子さんのお口で何か気になること、そして虫歯予防のご相談は学芸大学駅のうさぎの歯医者さんへ3・2・1・GO!!

カテゴリ:うさぎの歯科コラム, 小児歯科 2021年6月26日 


医療法人社団聖和厚生会 ウエスト歯科クリニック 医療法人社団聖和厚生会 ウエスト歯科クリニック